休日日記

ずっと気になっていたホシノ酵母でパンを焼きたいです

天然酵母は発酵力が不安定ということがあるので、あまり酵母起こしはしていませんでした。過去に何度か天然酵母のパン作りをしたことがありますが、成功と失敗を繰り返しています。特に気温は天然酵母の出来を左右するものなので、寒い季節と暑い季節には向かないと思います。

春か秋に作るようにしていますが、それでも毎回上手に出来るわけではありません。普段はセミドライイーストを使ってパンを焼いています。それが一番安定をしていると思うのです。

ずっとセミドライイーストを使っていていい、と思ったのですが、先日パンブロガーさんが「ホシノ酵母は混ぜて放置しておくだけなので簡単」という記事をアップしていたので、ホシノ酵母について調べてみました。

すると扱いやすいのに本当に美味しいパンを焼くことができる、という声が多かったのです。そういう声を読んでしまうとやってみたくなる。ということで早速ホシノ酵母を通販で購入してみました。

普段から製菓製パン材料を購入している通販サイトがあるのでそこで購入をしたのですが、セミドライイーストよりも値段が高かったです。でも値段が高くても満足できるパンを焼くことができればいいのかなと思います。

種起こしに24時間かかり、ホシノ酵母で焼くパンは一次発酵に6時間かかります。
なので手はかかります。手はかかった分だけ美味しいと感じると思いますが、期待するほどのものができなかった時にはショックは大きいと思います。

天然酵母はホシノ酵母に限らず、寿命が短いです。自家製の天然酵母も使い切らなければいけない期間が短いので、かなりハードなスケジュールを組んで、パンを焼く回数も増やさなければいけません。

パンを焼くことが好きだからこそ、趣味だからこそ楽しいと感じるんだと思います。特に興味がない人であれば、買えばいいじゃん、と言って終わらせてしまうんだと思います。

でもハンドメイドが好きな人からすれば、買えばいいという問題ではないのです。作るその過程が面白いし、成功しなかった場合には何がダメだったんだろうか、と考えてしまいます。次はもっと上手に焼けるようにしよう、と思えるのも作るのが好きだからこそ、なんじゃないかなと思います。

ホシノ天然酵母を購入したからには、頻繁にパンを焼かなければいけません。仕事をしている上に普段からパンを焼くというのはちょっと難しいかもしれませんが、酵母を使いきるまで満足できるパンを焼き続けたいです。

仕事人間 (Author)