休日日記

映画館でどうしても寝てしまう人がとるべき行動をご紹介

私の友人に映画が大好きな子がいます。DVDではなく、必ず映画館へ足を運ぶそうなのですが、どうしても途中で眠くなってしまう時があると言います。ひどい時は映画の冒頭数分で眠ってしまい、気付いたら映画が終わっていた事もあるのだとか。

丁度良い空調、座り心地のよい椅子、薄暗い空間に身を預けていると、リラックスして眠くなってしまう方は結構多いようです。とはいっても、せっかくお金も時間もかけて観に来たのに、もったいないです。そこで、映画館で眠らない工夫を調べてみました。

まず、映画が始まる前に気をつけておきたいことですが、お腹がいっぱいになると眠くなるので、食事直後の時間帯は避けた方が良いです。できれば空腹で行き、映画を見ながら軽食を取るのが良いです。そして、映画館の座席を決める時は、できるだけ前列を選んでみましょう。

前列は後列に比べて、スクリーンの光が強く音も大きいので、眠気に襲われるリスクを軽減できます。また、一人で映画を観るのが好きな方は多いですが、誰かが隣に居ることで気を張って眠くなりづらいと言いますので、誰かを誘ってみるのも1つの手です。

いざ映画が始まったものの、自分好みでなかったり、意外とつまらなかったりすると、これは眠気の元ですよね。予めリサーチして、興味がある映画を観に行くようにしましょう。

それでも退屈な映画に当たってしまった時は、頭をフル回転させ、別の視点から映画を見てみましょう。俳優ではなく、小道具やセット、背景や風景、カメラのアングルなど、玄人目線で見ることで脳が覚醒すると思います。

眠気を追い払うために、身体を動かしましょう。背もたれにもたれずに背筋を伸ばして座ってみたり、周囲に迷惑がかからない程度に手足を動かしてみたり、背伸びをしたりして、血液循環を促進させ、身体と脳を起こしましょう。脳が酸欠になると眠くなるので、深呼吸してみるのも良いです。

映画館といえば、ポップコーンです。咀嚼することで脳に刺激が伝わり、脳は覚醒します。じっくり時間を掛けて咀嚼し続ければ、眠気は襲ってきません。

どうにも眠くて耐えられない時は、お手洗いに立ってしまいましょう。冷たい水で手や顔を洗えば、眠気を追い払えます。その間のシーンは見逃してしまいますが、大事な場面で眠っているよりはマシです。

それでも眠いなら、寝てしまいましょう。これだけしても眠いと言う事は、その日は映画に適していなかったのでしょう。眠気と戦うのを辞め、椅子に深く座り、この空間を逆に利用して睡眠を楽しんでみましょう。もしかすると、少し眠ったら頭が冴えて、後半の面白い部分を満喫できるかもしれません。

映画館は、映画も眠りも楽しめる場所と思って行けば、仮に眠ってしまっても後悔せずに済みそうです。「映画館では眠るのが醍醐味」そんな言葉が言えるようになれれば一人前です。

仕事人間 (Author)